忍者ブログ
自分の生活や趣味の事を書いていこうかな。
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとか初日2日目と台風の影響を感じつつも海に入れたのだが、

38d24984.jpg

宮古島3日目、いよいよ避けられないらしい。

海に入ることは断念し、観光することにする。

まずは去年行く時間がなかった、宮古島東端の岬、東平安名埼(ひがしへんなさき)へ。



もはや、スノーケリングするとかしないとかいうレベルの話ではなかったようだ。
PR
沖縄旅行2泊目は、「ここみ家」さん。

まだ2008年3月にオープンしたばかりのペンションです。

SANY0252.jpgSANY0253.jpg
(左)ダイニングの隣にある、畳スペース。ゆったりくつろげます。
(右)ペンション内には観葉植物がたくさん!癒される・・・。


到着すると、スイカと冷たいお茶のおもてなし。

Kokomiya-Welcome.jpg


部屋で一息ついて、早速ディナーをいただきました。

Kokomiya-Menu.jpg Kokomiya-MenuDrink.jpg
ドリンクメニューのフレームには、ハート型のサンゴが2つ寄り添う。(ご夫妻が自分たちで浜で採ってきたんだって。)

Kokomiya-Dinner01.jpg Kokomiya-Dinner02.jpgKokomiya-Dinner03.jpg

Kokomiya-Dinner04.jpgKokomiya-Dinner05.jpgKokomiya-Dinner06.jpg

お話を伺うと、ご主人(とは言っても30代前半。僕ら夫婦と同い年。)は、元プロの料理人。

元々は料理のお店を出したかったそうなのですが、注文を受けてから作るスタイルだと自分の作りたい料理が作れない、とのこだわりから、おいしい料理を出すペンション、というコンセプトにしたようです。

道理でうまいわけだ。量も十分だし、デザートのマンゴープリンもおいしかった!


ここみ家さんでの楽しみのもう一つは、貸し切りジャクジー。

Kokomiya-Jacuzzi.jpg
ダイニングにおいてある、ジャクジーの予約表です。


そして、22時からはうちの奥様だけ、「天花」さんの出張フェイスエステです。

SANY0005.jpg
こ、こわい。。。汗


Kokomiya-Breakfast.jpg
朝食はこんな感じ。黒糖パンがおいしかった。


はじめは、30代前半でオープン半年、まだなれてないところもあるだろうし、と、あんまり期待はしていなかったのですが、見事に(いい意味で)裏切られました!

部屋、料理、お風呂、サービス、料金、館内の雰囲気、オーナーご夫妻の人柄、どこをとっても、僕的にはほぼ満点。

じゃらんで予約したのですが、帰宅後にアップしたレビューでは全項目、フルマーク5点を付けました。

唯一、難点があるとすれば、ここみ家さんに行き着くまでの案内板等がないので、行き着くのに苦労するかな、ということくらいです。


あんまりお世辞が得意ではない僕たち夫妻も、大絶賛の「ここみ家」さん、絶対おすすめの宿です。

沖縄宮古島に行かれる際は是非!
沖縄旅行2日目は、朝から伊島観光サービスさんの、伊良部島ツアーに参加です。

平良港(ひららこう)9時半発の高速先で伊良部島へ渡り、集合場所へ行ってみると、どうやら今日の参加者は僕ら2人だけらしい。

元々8人もいたのに、台風でボードスノーケリングができないと聞いてキャンセルしてしまったとのこと。
なんとしても海に入りたい僕らはビーチスノーケリングでも躊躇いなく参加です。


港でピックアップしてもらい、まずは車で、ビーチ際にある伊島観光サービスさんへ。売店とギアレンタル、シャワー、食堂が併設されている。

気づくと、入り口に、「ヤシガニ飼ってます」の看板。

元々食用として捕らえたものの、客寄せパンダならぬ客寄せヤシガニとして飼育しているそうです。

Irabu-Yashigani.JPG
持ってみるか?と言われ恐る恐るキャッチ。巨大なハサミは人間の指落とすくらい力があるらしい。


マスク、スノーケル、マリンシューズ、フィンを借り、中の島ビーチへ。

結構ダイバー、スノーケリング客が海に入っていました。

45分ほど泳ぎ、その後移動してさらに45分。

浮いてるだけのように見えるけど、結構疲れます。

Irabu-Nimos.jpg
今回の水中撮影ベストショット


スノーケリングのあとは、また伊島観光サービスさんへ戻り、お昼ご飯。
宮古そばをいただきました。

Irabu-Soba.jpg
宮古そば


しばしの休憩後、午後はカヤックツアーに出発です。

ガイドのケンさんと僕ら2人のプライベートツアーです。(キャンセルが出てある意味ラッキー)

外海は台風15号の影響で危ないので、伊良部島と下地島の間をカヤックで移動します。

橋を3つ超えると、そこにはマングローブの林がありました。

ちょうどこのあたりが、汽水域となっていて、伊良部・下地島でマングローブが育つ唯一のエリアらしい。

マングローブは二酸化炭素の吸収量が他の木に比べて多いので、伊島観光さんもマングローブの植林に協力しているそうです。

僕らも一本ずつ、マングローブを地面に刺して植林し、エコ推進に一役買いました。

Irabu-Manglobe.jpg
マングローブ

Irabu-Shiomaneki.jpg
マングローブ林の近くでガイドのケンさんが捕まえたシオマネキ(もちろんリリースしましたよ。)


マングローブ林から帰ったあとは、帰りの高速船の時間まで、伊良部島、下地島観光。

一通り、人気スポットを案内してもらいました。


台風の影響で、前の日夕方までこの日のツアーがあるかもわからない状態でしたが、キャンセルせずに参加して正解だったね!



伊島観光サービス
http://www11.plala.or.jp/ijimakan/
沖縄初日の宿泊は「ペンションたきなか」さん。

地元出身のおじさんが営む、素朴なペンションです。


ペンションたきなかさんの玄関


晩ご飯は、地元の家庭料理中心。
メインはグルクンの唐揚げです。(おいしかった!)


晩ごはん


晩ご飯後は、ご主人と他のお客さんとうちら夫婦の6人で語り尽くしました。(気づけば0時を回っていた。)

沖縄がアメリカだった頃の話や、サトウキビ、マンゴーの栽培の話、地名の話、等等、知らない事がたくさんありました。


沖縄と言えば、、、ヤモリです。


朝ご飯も夜と同じく、沖縄の家庭料理です。
ゆし豆腐の汁物がおいしかったです。


朝ごはん


宮古島にもお洒落なホテルやペンションがたくさんありますが、昔ながらの沖縄を味わえる「ペンションたきなか」さんでした。


移動手段>
送迎あり(有料)

シュノーケル>
シュノーケルセットレンタルあり(有料)

ビーチ>
長間浜 徒歩20分

食事・おみやげ>
たきなかさんでコーヒーが飲めます。
楽園の果実(カフェ・おみやげ) 徒歩5分
Utatane(雑貨や) 徒歩2分
Yacha Yacha(カフェ) 徒歩5分

 
 
 
 
ゆっくり歩くことで、車では見落としてしまうものが見えてきます。








飛行機


巨大クモ




 
 
 
 
 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/13 odwulfmorr]
[03/12 edeleahy]
[03/12 hanleyho]
[02/01 ブラックベリー 料金]
[08/12 KEN]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KEN
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事