忍者ブログ
自分の生活や趣味の事を書いていこうかな。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は上海料理神田竹苑でランチしてきました。

お目当ては上海ガニ。

この前の食わず嫌い王で、鶴瓶がバリバリと殻ごと食べてましたねー。(中居君に一品目で当てられてましたが。笑)

まさしく旬の食材です。


上海ガニコースで5000円。
デジカメを忘れて携帯で撮ったのでちょっと色味が悪い&ピンぼけですが。。。


081124-123423.jpg
カニの老酒漬け
>個人的にはこれが一番美味しかったかな。

081124-124606.jpg
カニミソ入り豆腐スープ

081124-125424.jpg  081124-125601.jpg
上海蒸しカニ
左)目の前で蒸し上がった上海ガニをばらしてくれます。手際がよすぎて完全体を撮影できず。。。
右)蟹ミソたっぷり。

081124-130408.jpg
カニ殻の揚げ物

081124-131340.jpg
野菜のカニミソ餡かけ

081124-131953.jpg
カニ小籠包
>ジューシーなのでレンゲで汁がこぼれないよう、黒酢でいただきます。

081124-132736.jpg
カニ肉入りチャーハン
>結構モッチリしたチャーハンでした。

081124-133212.jpg
ココナッツタピオカ
>デザートはココナッツタピオカ。

ボリュームは僕ら夫婦にはちょうどよい感じ=がっつり食べたい人にはちょっと物足りないかもです。

でも全品上海ガニを使った料理だし、値段と品数を考えればリーズナブルかな。



上海料理神田竹苑

住所
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-22-4
アクセス
JR神田駅 北口 徒歩1分 
地下鉄銀座線神田駅 徒歩1分 
TEL
03-3257-6807
PR
PA130001.jpg本日の昼食は、はたけシメジのうどん。

はたけシメジはうちの父親が、某林道へ行って取ってくる。

おまけに、うどんも父親の手打ちです。

このはたけシメジ、昔は、素人のキノコ採取=毒キノコを食

べて一家食中毒というありがちな図式が頭に浮かんでしまい、抵抗があったが、最近はどう

やら大丈夫そう、ということがわかって安心して食べている。

このはたけシメジ、一部では、「一番おいしいシメジ」とも言われているようです。
PA120007.jpg連休を利用して、実家に帰ってきた。

うちの父親がリタイヤ後に増築した囲炉裏部屋で晩御飯を

いただく。

まずは、今年釣った鮎の塩焼き。

昔は雑魚しか釣らなかった父親だが、ここ10年ほど前から鮎を釣り始め、おいしく食べられ

るので実家に帰ってくるたびに御馳走になっている。

やっぱり、囲炉裏の炭火で、天然鮎は最高である。

思わず2匹も食べてしまった。


PA120009.jpg途中、肉類をはさんで、最後の焼き物は本マグロのアラ。

スーパーでたまたま発見して、囲炉裏用にと思い買ってきた

らしい。

これがまたなんとも言えずうまい。

沖縄のお土産で買ってきた宮古島の泡盛をロックで飲みながら満喫しました。


PA120013.jpgそしてシメはタイ焼きを囲炉裏で焼く。

ごく普通の粒あんのタイ焼きだが、これがまた囲炉裏で焼くと

カリッとして格別なのです。

最後、ちょっとサカナくさくなってしまったが、それもまたよし。



D15/N25夫妻、そろそろいい季節なので、また遊びにきてください。
SANY0366.jpg10月8日はうちの奥様の誕生日。

9月にあった僕の誕生日も兼ね、「潤菜どうしん」へ行ってきました。

場所は有楽町線新富町駅から徒歩5分ほど。

1階の道路には案内板等は特になく、危うく見過ごすところでしたが、

地図片手になんとか発見。階段を上り、2階にあがると立派な木の看板

があります。(写真)


店内は、3組限定のこぢんまりとした作りです。

SANY0345.jpgSANY0346.jpgSANY0347.jpg








SANY0350.jpgSANY0352.jpgSANY0354.jpg








SANY0357.jpgSANY0358.jpgSANY0361.jpg








SANY0363.jpgSANY0364.jpgお料理を出していただく度に、

説明をしてくれたのですが、

とにかく品目が多くて覚えきれ

ない。


どのお料理も野菜と魚が中心で、上品な味付けと厳選された食材、かつボリュームも満点。

印象的だったのが、上から2段目、右の、柿のふろふき。(僕はちょっと苦手でしたが。)

あとは、3段目左の子持ち鮎のお料理も箸で切れるほど柔らかく煮てあっておいしかった。

そしてメインは3段目右の栗ご飯。栗おこわではないので、お米はうるち米で甘くなく、シンプルな

味でした。

デザートは4段目左のトマトのゼリーと、右の抹茶羊羹、お抹茶です。

立地の割にはお値段もリーズナブルで、席数限定の静かな店内でゆったりとした時間を過ごし
ながらシンプルな和食をいただけます。


店名:潤菜 どうしん (るいさい どうしん)
TEL:03-5542-8851
所在地:東京都中央区新富1-9-11 亀田ビル 2F


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/13 odwulfmorr]
[03/12 edeleahy]
[03/12 hanleyho]
[02/01 ブラックベリー 料金]
[08/12 KEN]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KEN
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最古記事